こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・コミュニケーション学部ホーム
  2.  > 学びの特長
  3.  > キャンパスレポート(Acadia University)

キャンパスレポート

Acadia University

Study Abroad2012 Vol.1(2012年3月21日)

Study Abroad2012 Vol.1

GC広報委員による更新のトップバッターを務めます、竹本章太朗です。
私たち2月18日からカナダのAcadia Universityに留学しています。

今回は学校の授業および施設について書きます。Acadia UniversityはNova Scotia州のWolfvilleというとても田舎な町にあります。私たちはEAPという大学が併設している語学学校に通っています。授業は月曜日から木曜日までで、時間はクラスによって違いはありますが僕の場合は1限:8時半〜10時半 2限:10時半〜11時半 3限:1時半〜3時半です。昼の休憩が異常に長いです。授業中に英語以外の言語でしゃべると、レッドカードを渡され、課題を与えられたりします。授業は主にディスカッションやプレゼンテーション、グループワークから構成されています。クラスにはサウジアラビア人や中国人が多く、彼らはすごくよくしゃべります。なので、彼らに負けないために、みんな必死に割り込んで行っています。サウジアラビア人も中国人もとても社交的なので、こちらから思い切ってしゃべり掛ければ、ものの5分で友達ができます。本当に面白い人が多いです。

次は施設について書きます。私たちは全員寮もしくはホームステイ先で生活しています。まず寮について。私たちはみんなルームメイトとシェアしています。最初は何を喋っているかわからず、みんな困っていましたが、最近では少しずつ慣れてきて楽しめています。ホームステイの人たちも、ステイ先の家族と話をしたり、遊びにいったりと楽しんでいるみたいです。

次はミールホールについて。寮の生徒はみんなミールホールで食事をします。食事代は寮費に含まれていて、1日何回でも食事をとることができます。また、放課後勉強するときにはSUBという施設や図書館に行って勉強しています。インターネットも使うことができ、集中できるのでお勧めです。

次は、ジムについてですが、Acadiaの生徒ならだれでも自由に使うことができます。体育館やウェイトルーム、スケートリンクまであり、私たちもたるんだ腹を引き締めるために、よく利用しています。カナダ人に限らずいろいろな国の人が利用していて、友達を作るためにも利用しない手はないと思います。

以上で今回の更新を終わります。また書きます。ありがとうございました。

Study Abroad2012 Vol.2(2012年5月16日)

こんにちは。Acadia University担当の竹本章太朗です。今回は、Acadia University周辺の街並みについて紹介したいと思います。

Acadia UniversityはカナダのNova Scotia州のWolfvilleと言う所にあります。Wolfvilleはとても穏やかな町で、田舎といわれてすぐに想像できるようなthe 田舎な所です。ここでは本当に時間がゆっくりと流れていて、1日が日本にいるときの何倍にも感じます。

まずAcadia University の近くにあるダウンタウンについて書きます。ダウンタウンといってもさほど大きくはないのですが、生活に必要なものは1通り揃っていて、私達も頻繁に利用しています。食料品専門店や、雑貨店、Tim Horton(日本でいうミスタードーナツのような店)、Subway、コンビニ(のような店)など色々な店があります。

僕たちは5月から8月の末辺りまで自炊する予定なのですが、必要なものを何も持ってきていなかったため、自炊に必要なものはほぼ全て揃えることができました。炊飯器と日本の米に限りなく近い米も買えるので便利です。食材も多く揃っていて手ごろな価格なので、助かっています。

また、タクシーで15〜20分位にNew Minusという若干Wolfvilleよりも栄えている町があり、ダウンタウンで買えないものは、そこで買っています。New Minusには寿司が食べられる店や映画館もあるため、週末になるとよく行きます。

今回は以上で終わります。ありがとうございました。

Study Abroad2012 Vol.3(2012年7月7日)

こんにちは。Acadia Universityに留学している竹本章太朗です。今回は私たちの生活について書きたいと思います。

現在Acadia Universityでは日本でいう夏休みということで、多くの大学生がほぼ4か月という長い休みを利用してhometownに帰ったりしています。それに伴い、キャンパスに残っている生徒は1つの寮に集められています。現在、僕が住んでいる部屋は5月の初めから8月末までで$ 3159.69かかります。正直決して安いものではないので、もし寮が嫌だという方にはホームステイという選択肢もあります。僕の友人の1人に聞いたところ月$680だそうです。

次に食生活について。ホームステイをしている人たちは、ステイ先の家族がご飯を作ってくれるそうです。お昼の弁当まで用意してくれる家庭もあるらしいです。一方で、僕たち寮に住んでいる人たちは現在食堂も閉まっているので、寮にあるキッチンで自炊しています。食材はほとんど日本と同じようなものが歩いて5分ほどのスーパーで手に入れられ、そこでお米も手に入れることができます。また、料理をするのが面倒だという方のために、スーパーには惣菜や冷凍食品もあるので心配はないと思います。

最後に天候について書きます。僕たちが留学したばかりのころは、まだ2月だったためかなり雪も降り、本当に寒かったです。ヒートテックを中に来てシャツをきてその上にパーカーやコート着て冬を乗り切りました。しかし現在では、僕たちの予想を超えた暑い夏が到来しており、夜寝苦しさを感じるほどです。しかし日本より湿度が低いためジメジメした暑さではありません。先日、トロントやオタワに旅行に行ったのですが、これらの都市に比べると自然が多いからなのか、まだ涼しいほうなのだと感じました。僕はこれほど夏が暑くなると予想していなかったので、半袖のシャツをあまり持ってきていなかったので、こちらで買う羽目になりました。皆さんはぜひ夏用と冬用の両方の御用意を。

以上で今回の報告を終わります。ありがとうございました。

Study Abroad2012 Vol.4(2012年8月18日)

Study Abroad2012 Vol.4

こんにちは。Acadia Universityに留学している竹本章太朗です。早いもので、カナダに留学してから6ヶ月もの月日が経ちました。カナダとはいっても8月はなかなか暑く日本から持ってきた団扇が手放せない日々が続いています。

今回は、僕たちが今通っているEAP、英語学校でほぼ毎週金曜日に行われているCulture classについて書きたいと思います。僕はこのCulture classに参加することには3つほどの利点があると思っていて、基本は参加するようにしています。僕が思うCulture classの利点はこれらです。1)英語を話す機会が作れる。2)カナダの文化を学べる。3)友達を増やせる。まず、1つ目のポイントですが、やはり英語は喋れば喋るほど伸びると思うので、こういった機会を逃す手はないと思います。授業とはまた違った雰囲気があるので、授業中ではあまり話さなかった話などもできて、自分の英語力を広げることにつながると思います。2つ目のポイントですが、僕は今回の留学が初の海外経験だったので、海外の文化に対する認識、知識は本当に微々たるものでした。しかし、Culture class で参加した様々なActivityを通して色々な経験ができました。そのため、Culture classは参加することでカナダの文化に触れられるとても良い機会だと思います。最後に3つ目のポイントです。Culture class はあまり喋ったことの無い、もしくは別のクラスの人たちと絡む絶好の機会だと思います。

ここで、僕がCulture classでどの様なことをしたかいくつか例を挙げたいと思います。まず僕の中で一番楽しかったキャンプです。夏に入る前だったので、おそらく5〜6月頃だったと思います。2泊3日で近くのキャンプ場にEAPの友達と泊り込んで生活するというものでした。このキャンプでは、カヌー体験やボールを使ったゲーム、キャンプファイヤーなどをしました。このキャンプファイヤーではみんなで歌ったり、1人で歌わされたりしました。僕も下の中位の完成度のBabyを歌わされました。食事は4つのグループに分けられた生徒自身が交代で作りました。ピザを作ったり、internationalな食事を作ったりしました。他には映画を見に行ったこともありました。映画を見に行くと自分のリスニングの力がまだまだだなと思い知らされるので、いい刺激になります。他に、人気だったのがロブスターを食べるという回でした。おそらく一番多くの生徒が参加した回だったと思います。EAPの先生が自らロブスターを作ってくれたのですが、なかなかおいしくて好評でした。

今回は毎週の僕の楽しみであるCulture classについて書かせてもらいました。これで今回の更新を終わらせていただきます。ありがとうございました。

Study Abroad2012 Vol.5(2012年10月17日)

Study Abroad2012 Vol.5

こんにちは。ACADIA UNIVERSITYです。留学して、もう8ヶ月も経ってしまいました。本当に時間が経つのは早いです。残すところ、あと2ヶ月となってしまいました。10月に入って急に涼しくなって、というか急激に寒くなり上着がないとやっていけなくなってきました。夏はなかなかどうして暑かったので、寒さに対する免疫がなくなっていました。秋は来ませんでした。すぐに冬が来ました。それはさておき、今日は最近の僕たちの生活について書きたいと思います。

9月からやっと僕もUniversityのclassを受けているので、同志社生は全員EAPを卒業して大学生になりました。EAPからUniversityへの移行期間がすごく短かったので、僕たちがようやくCourseのregisterをしようと思ったときには殆ど満員状態でした。しかし、色んな人に聞いてみたところ、満員状態でも調整してくれる係りの人に直接会いに行って頼めば入れてもらえるとのことでした。実際僕の場合、交渉が成功して希望したコースを取れている訳ですが、いつもこんな風にうまく入れてもらえると言う訳ではないようです。交渉するときのお薦めのフレーズとして、「僕今年の12月には帰らないといけなくて、これがこのコースを取れる最後のチャンスなんです。どうしてもとりたいです。」です。できるだけ子犬のような目で懇願しましょう。係りの人も人間ですから、情に訴えていったらいいと思います。これをいったら、それまで何回かキャンセル待ちリストに入れるといっていたのに、なぜか無理やり入れてもらえました。

授業自体の感想ですが、正直な感想をいうと、思ったより教授がゆっくりはっきり喋ってくれるので全然ついていけないという事はありません。普通の大学生のほうがむちゃくちゃ早く喋るし、スラングとかもバンバン使ってきます。僕は、Psychology, Spanish, CommunicationとHistoryをとっています。これらのコースをとってみて、僕は言語をとったことは正解だったと思います。英語を学んでいる身で、もう1つ言語を勉強するのは中々骨が折れますが、メリットはクラスの中で頻繁に会話ができるということです。ほかの授業でもたまにDiscussionをする事はありますが、人数が多いので親密度でいうとSpanishなどの言語系はお薦めです。 それに、スタート地点が全員同じなので頑張ればカナダ人に勝て、にやっとできます。ほかにも、僕が取っているCommunicationの授業にはSong presentationという少し変わったものがあり、1~2分間好きな歌を歌うというテストです。カナダ人40人くらいの前で歌うことになるので、恥ずかしいことこの上ないですが、度胸をつけるためにはまあいい機会だとは思います。

次に僕たちが行っているクラブ活動について。僕たちはAJSA(Acadia Japanese Student Association) というクラブ活動をしています。基本は、外国の人たちに日本の文化や習慣、言語などを教えつつ、僕たちも英語教えてもらおう!というものです。毎週Meetingがあり、そこで折り紙を教えたり、彼らの名前を平仮名や漢字で書いてみて教えてあげたり、日本料理パーティをしたりしています。そのほかに週2の日本語教室や、みんなで集まってゲームや映画をみたりすることもあります。このクラブに参加してくれている人たちは本当に日本に対する知識が深く、しかも興味津々なので会話が途絶えません。歴史や侍、忍者などに関しては僕たちより詳しいことも。なかには、日本のドラマが好きでよく見ているという人もいます。僕は漫画やドラマ、映画が大好きで、同じ漫画が好きな人と話すことはあったのですが、まさかカナダ人相手に日本のドラマの話、さらには俳優の話で盛り上がる日が来るとは思いませんでした。こういう活動には本当に積極的に参加するべきだと思います。すぐ友達ができます。

ということで今回は以上で終わりたいと思います。
ありがとうございました。

Study Abroad2013 Vol.1(2013年5月27日)

みなさんこんにちは、2月中旬からカナダのAcadia universityに留学している御宿智夏です。今回は、Acadiaの雰囲気や授業について紹介したいと思います。

Acadia universityはカナダの東端にあるNova Scotia州Wolfvilleに位置する3000人規模の小さな大学です。大学全体の雰囲気としては、こぢんまりとしていて静かなので、勉強に集中するには最適な環境だと思います。大学の図書館やSUB(京田辺キャンパスでいうローム記念館のような、学生が集まったり簡単な食事ができるような場所です)では、いつも多くの学生が勉強に励んでいます。これらの施設は夜遅くまで開いているので、テスト前などは特に便利だと思います。

現在、同志社大学からは5人の学生がこの大学にきています。そのうち2人は語学学校を卒業し、大学の授業を受講しています。私を含めた他の3人は、EAP(English for Academic Purpose)という語学学校のプログラムに所属しています。EAPは、500、1000、2000、3000の4つのレベルに分かれています。私のクラスは日本人が4人、中国人が8人、サウジアラビア人が1人で構成されています。どのクラスにも言えることですが、中国人が多いです。みんなとても積極的なので、来た当初はディスカッションなどで心が折れそうになることもしばしばありました。笑 授業時間はレベルごとによって少しずつ違っていますが、私が受講しているEAP3000のクラスは1コマ2時間半です。午前中は9:00〜11:30がReading&Writing、午後は1:30〜4:00がListening&Speakingの授業です。R&Wではいろいろな種類のエッセイの書き方を学んだりしています。L&Sでは個人プレゼンだけでなくグループプレゼン、グループディスカッションをしたりしています。宿題は週によって多い時もありますが、GCでの1年を乗り越えることができれば大丈夫だと思います。また、3000の授業では週1日大学の授業を受講することができます。とる授業は決められているので選ぶことはできませんが、HistoryやSociologyが多いらしいです。(タームごとに授業は違います)ちなみに私はHistoryを受けています。

このような通常授業は月曜日から木曜日までです。週休3日です。笑 金曜日は、毎週Culture Classといって、カナダの文化を学んだりハイキングをしたり映画を見たりジムでスポーツをしたり…自由参加の授業(?)があります。基本的にお金はかかりません。この前はルーネンバーグという町全体が世界遺産に登録されているところに行ってきました。映画ハナミズキの撮影地のひとつにもなったところです。Culture Classは全クラス合同なので、ほかのクラスの友達を作るいい機会にもなります。

これでAcadiaについての紹介を終わりたいと思います。最後に、GCで学んだことはきっと留学生活で役に立ちます。他の学部と違って課題も多いし、必修も多いので大変だと感じることも多いと思いますが、頑張ってくださいね^^質問があれば何でも聞いてください!ありがとうございました。

Study Abroad2014 Vol.1(2014年3月26日)

Acadia20140326

Hello Everybody!! 
2月15日からCanadaのAcadia大学に留学中の南侑希と菊池春花です。僕たちを含め7名のGC学生が当大学に留学しています。3月も終わりに近づき、日本では春の訪れを感じることのできる時期なのですが、こっちはまだまだ寒いです(笑)。その寒さにも、新しいカナダでの生活にもだいぶ慣れてきた頃なので、今回はAcadiaについて紹介したいと思います。

まずは、語学学校について。僕たち7人は現在EAP(English for Academic Program)という語学学校に通っていて、正規の学生になるために必要な英語のスキルを磨いています。
EAPのレベルは、1000、2000、3000に分かれていて、僕たちはそれぞれ1000と2000のクラスにいて先日無事に次のレベルに進むことができました。EAPのクラスは月曜日から木曜日まであり、9:30から15:30まであります。内容はサマリーやレポートを書いたり、ディスカッションをしたり、プレゼンテーションをしたり多岐にわたります。金曜日はCulture Classというものがあり、そこでは、スキーに行ったり、美術館にいったり、カナダの文化に触れながら様々な経験ができます。

さて、ここからは日常生活について報告します。Acadia大学は、ノバスコシア州のウルフビルという町にあります。留学前はある教授からとにかく「ホントに田舎よっ!ダウンタウンは5分で見終わるからねー!」と言われていました。確かに田舎であることは否定できませんが(笑)、大学から徒歩すぐのダウンタウンには実は楽しいお店がたくさんあることを発見しました。インテリアのおしゃれな美味しいトルコ料理レストランやかわいい雑貨屋さん、ご主人がユーモラスで優しい古本屋さん、猫がかわいいポップな古着屋さんなど、見どころたくさんです。そんなダウンタウンを歩いていてわかることは、車が必ず歩行者を優先してくれること!どのドライバーさんも笑顔で止まってくれるのは、カナダの人の優しい国民性の反映かなと思います。

Acadia大学には放課後に楽しめるような機会も多くあります。学生はジムを無料で利用できるので、現地の学生とバスケを楽しんだり、日本に興味がある学生に日本語を教えたり、聖歌隊に参加して現地の人と交流したりと、それぞれ思い思いに時間を過ごしています。
英語の勉強ももちろんですが、アクティビティも楽しみながらAcadia Lifeを7名で楽しんでいきたいと思います! See you again!

Study Abroad2015 Vol.1(2015年7月24日)

acadia20150724

こんにちは。Canada acadia university に留学中の安藤由樹です。すこし近況報告します!

カナダでは大学が9月から始まり4月に終わります。そのため現在はほとんどの学生が出身地や出身国に帰ってしまっておりすこしさみしいです。

基本的には同志社生ははじめEAPという語学プログラムをとり大学の授業についていけるように勉強します。同志社生はEAPを5月または8月に終え、9月から大学の授業を受けます。

5月から7月はスプリングコースとサマーコースがあります。このコースでは本来9月から4月に1週間3時間とるクラスを3週間毎日3時間とることで同じ単位を取るというもので、現在私はbusinessのクラスをとっています。EAP のプログラムの中でも大学の授業が一つ取りますが(sociologyをとりました)、それはEAP 内のクラスメートと受けるので、サマーコースで初めて現地の学生とうけ、カナダ人の授業の受け方に刺激を受けました。13人の小さなクラスだったのも理由の一つかもしれませんが、授業中に質問したり、それにかぶせて誰が意見をいう光景がよくみられました。授業ではグループに分かれ実際にbankruptした企業について分析し建て直す方法をレポートにしたり、プレゼンテーションをしたり、acadiaを宣伝するコマーシャルを作ったりと実践的で楽しかったです!教授が同じかわかりませんが、来年acadiaにくる人にはおすすめです!

Acadia universityのあるWolfvilleはとても小さなまちで京田辺より交通が不便なので京田辺より田舎にいる感覚ですが、生活には困りません。治安はとてもよく、横断歩道でも車はいつもとまってくれます。

8月は夏休みとなるので他大学のGC生に比べると自由な時間が多いです。現在ボランティアでファーマーズマーケットと言う週に2度、農家の人が直接販売していたり、他の国出身の人が自国の料理など売っているところで働いています。勉強だけでなくこっちでできることを沢山して帰りたいです!

カナダに来てすぐにポストするはずが違うところにポストしてしまったので2月からの写真もポストします。
長文読んでいただきありがとうございました。

Study Abroad2016 Vol.1(2016年3月12日)

Acadia20160312

こんにちは!Acadia Universityに留学中の中西美里です。キャンパスレポート第1回目なのでまずAcadiaについて説明とカナダでの生活について投稿させていただきます。

Acadia Universityはカナダの東に位置するNova Scotia州のWolfvilleという町にあります。今年はGC学部から私を含め3人が留学しています。
Wolfvilleは小さな町ですがダウンタウンで必要なものは揃いますし、美味しいレストランもカフェもたくさんあります。とってもかわいい町です!

現在の語学学校での勉強は、エッセイ・プレゼン作成、ディスカッションなどGC一回生で学んだことが大いに役立っています。大学の規模も小さいので語学学校のクラスの人数は10人程度です。そのため非常に先生との距離が近く感じます。先生たちはとても親切ですし勉強環境は抜群です。
金曜日だけ午前中1つ授業を受けて、午後にCulture classがたまにあります。これまでに大学のジムでスケートしたり、バスでスキーに行ったり、potluck dinnerをしました!

私たちは2月10日に到着したので留学してちょうど1ヶ月経ったところです。こちらの生活にもすっかり慣れました!3人とも現在ホームステイをしていて、大学までは徒歩で通える距離です。1番遠い私でも徒歩20分くらいで、朝だけホストファザーに車で送ってもらっています。

ここでの生活についてですが、道に歩行者用の信号がないので初めは渡るのに少し戸惑いました。ですが車は歩行者優先なのですぐに止まってくれます!少し申し訳なく早歩きになるのは日本人感覚でしょうか...。

また、この町の安全さと一体感、カナダの人々の親切さは本当に感じています。
声をかけるときの笑顔や、何気ない会話でも相手を思いやる気持ちが溢れているように思います。
私たちもそんな時にThank you!とだけ返すのではなく、気持ちを返せるようなことを英語で言えないかなと日々奮闘中です。
留学生活まだまだこれからなので引き続き頑張りたいと思います!
以上です、ありがとうございました。
.