こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・コミュニケーション学部ホーム
  2.  > 学びの特長
  3.  > キャンパスレポート(Deakin University)

キャンパスレポート

Deakin University

Study Abroad2012 Vol.1(2012年4月5日)

Study Abroad2012 Vol.1

初めまして!
Australia、Deakin Universityに留学している、グローバル・コミュニケーション学部の北尾史織といいます。
今日は学校生活ついてお話ししたいと思います♪

語学学校のクラスはGEとEAPの2種類があります。GEは文法などを中心に行うクラスで、EAPは大学進学コースとなっています。
私はEAPに在籍しているので、GEの授業の内容はあまりよく知りませんが、journalを書いたり単語テストがあったりするそうです。

EAPのクラスはEAP1〜3まであり、EAP3のexamをパスするとDeakin Universityへ進学することが出来ます。授業内容はEAP1はオーラルプレゼンテーション、Reading、Timed Writing、Listeningの4つで構成されています。クラスが上がるにつれ、Summary、ディベートなど学ぶことが増えていきます。

クラスメイトの構成は中国人、サウジアラビア人、ベトナム人、イラン人等、国際色豊かです。

授業は9:00〜11:00、11:30〜12:30、13:30〜15:30です。
間に30分のBreak timeとlunch timeをはさみます。Break timeには学校にあるカフェに行って、みんなでお菓子を食べたり、コーヒーを飲んだりしています。lunch timeはお昼を家から持ってくる生徒もいれば、学校で買う生徒もいます。学校内には寿司屋、ラーメン屋、クレープ屋などもあり、お昼はたくさんの生徒で賑わっています。

また1日の授業内のうち1時間、ILC timeというものがあります。これは自分の伸ばしたいskillを伸ばせる時間です。例えばListening skillを伸ばしたい!!と思ったら、映画を借りてみることができます。映画の種類も豊富です。もちろん無料で借りれます。またConversation roomに行けば、たくさんの生徒が集まっていて、みんなでボードゲームをしたりします。ここで新しい友達ができたりします。実際私もここで違うクラスの友達がたくさん出来ました。

学校へはトラムかバスで行くことが出来ます。寮やシェアハウスの環境も整っており、学校から歩いて10分の程の距離のところに住んでる生徒もたくさんいます。

学校は大きな公園の中に建物が建っている感じで、川や公園が学校内にあります。本当に自然と一体になって勉強しているような空間です。休み時間には学校内の草原に寝っころがって勉強したりお昼寝したりしてる人がいたりします。校内の公園を地元の人がウォーキングしていたり、犬の散歩をしていたり、フリスビーで遊んでいたり・・・とすごく穏やかです。
キャンパスもとても大きく施設も十分にそろっています。ジムなどもあり望めば無料で借りられます。

学校からバスで20分くらいのところに、とても大きなショッピングセンターがあり、そこで買えないものはないといっていいほど何もかもそろっていてとても便利です。スーパーマーケットからCHANELのような高級ブティックから電気屋、薬局、トラベルエージェンシーなど何もかもそろっています。

のびのびと何不自由なく生活できるのがこの学校の魅力だと思います。そして友達がたくさん出来ます。授業がグループワークがほとんどなので友達ができやすいです。もちろんプライベートでも遊んだりします!!

それでは、これからも頑張って更新していくので参考にしてくだされば幸いです★
また次の機会にお会いしましょう♪

Study Abroad2012 Vol.2(2012年6月5日)

Study Abroad2012 Vol.2

こんにちは♪Deakin University担当の北尾史織です。今日はDeakin UniversityがあるMelbourneの街並みについて紹介したいと思います。
Melbourneは世界で一番住みやすい街に選ばれています。実際、生活に不自由を感じたことはありません(^^)

まず、学校の周りにはレストランやスーパーマーケット、ファストフード店などが集まっています。

また、学校からバスで20分くらいのところにはChadstonという巨大なショッピングセンターがあり、そこではなんでも揃います。また学校からバスで10分くらいのところにはBox hillというアジア人が集まっている地域があります。ここでは日本や中国の食材が手ごろな価格で購入できます。

そしてメルボルンの中心cityには、美術館、動物園、カジノ、ナイトクラブ、バー、映画館、カラオケ、法廷、スケートリンク、水族館、アウトレットなどあらゆるものが揃っています。
cityには電車やトラムなどで行くことが出来ます。学校からだと電車で30分くらいです。ちなみにcityの中心駅Flinders駅は映画『魔女の宅急便』のモデルになった駅といわれています!!

またcityの近くには海もあります。日曜日にはマーケットがひらかれたりしているみたいです!!

メルボルンは本当に自然が多く、至る所に公園があります。街並みはとても落ち着いていて、のんびりと毎日を過ごせます。でも退屈を感じることはありません。cityに行けば都会的なexcitingな生活を楽しめます★cityの夜景はとってもきれいですよ(*^^*)♪

また車で2時間程言ったところにはフィリップ島など観光地もあります。

このように自然がいっぱいののんびり生活&刺激的な都会の生活というどっちも楽しめちゃうMelbourneは留学するのにとっても適していると思います!!

質問などあればお気軽にどうぞ♪

Study Abroad2012 Vol.3(2012年7月27日)

Study Abroad2012 Vol.3

こんにちは(*^^*)Deakin留学生の北尾史織です。
NZに続いてお先に更新させてもらいまーす!!
日本はとても暑い時期だと思いますが、こちらオーストラリアは真冬でございます(笑)

今日のテーマは『留学中の生活』についてです♪
私はもう既にAcademicに移行しており、大学へ通って現地の生徒と混じって授業を受けています。

私のTime tableは月〜木曜に授業があります。
授業はほとんど午後からです。クラスがたくさんあるので授業の時間も自分で選べます。

基本的に、学校のある月〜木曜は大学へ行って授業をうけて、そのあと図書館で少し勉強して帰る、といった感じです。
私は家で勉強するのが好きなので、出来るだけ家で出来ることは家でするようにしています。
時々、授業が終わったあと、友達と夜ご飯を食べに行ったり、映画を見に行ったり、ボーリングに行ったりもします。

金曜は学校がないので家で勉強したり、料理をしたりしています。
そしてこっちの人はFriday night、Saturday nightといって金曜と土曜日の夜は夜遊びしなきゃ!!といった感じで出かけたがります。
というのも、weekdayは店が5時には閉まり、夜は遊べないからです(笑)
みんなカラオケに行ったりクラブに行ったり、また友達の家に集まってpartyをしたり・・と夜通しで遊びます。
みんな週末にこうやってはっちゃけるのを楽しみに、平日勉強頑張ってるといった感じです(笑)

他にもweekendには買い物にいったり、海にいったり、友達の家でみんなでご飯を作ったり、アイススケートを見に行ったりもします。
こちらは今冬なので、今度、週末に学校のacticityでスキーに行く予定もしています♪

また、こちらの天気は冬でも京都程の寒さではなく、昼間は日が出ていて、そこまで寒くないです。
夏も乾燥しているため、じめじめとした感じはありません。

そして夜はとってもとっても星がきれいです!もちろん夕焼けもすごくきれい!!
自然たっぷりでとても綺麗な街メルボルンでの留学生活はとってもいい思い出になると思います★

以上で今回の報告は終わります。

Study Abroad2012 Vol.4(2012年9月14日)

Study Abroad2012 Vol.4

こんにちは♪Deakin担当の北尾史織です(*^^*)オーストラリアは少しずつ春めいてきました!!花が咲き始めて、日中は半袖で過ごしている人もいるくらいです(笑)

今回はオーストラリアに留学する人への「経験した方がいいこと」を話そうと思います!!
私はもうオーストラリアに来て半年以上経ち、Academicももうすぐ終わる時期です。これまでオーストラリアにいて経験したことで「ぜひ経験しとくべき!!」と思ったことを書こうと思います。

オーストラリアに行く人はもちろん、行かない人も”留学で経験するべきこと”という点で参考になると思うので、ぜひ読んでくれたら嬉しいです(*^^*)

私は今回の留学で初めてオーストラリアに来たのですが、この国でたくさん素晴らしい経験が出来ました♡

1.
オーストラリアならではの素敵な景観を楽しんで♥

自然たっぷりのオーストラリアでは、日々美しい自然の景観を楽しめます。また都会的な一面もあるので、夜景などもとてもロマンティックで綺麗です!メルボルンももちろんのこと、私は旅行でシドニー、ケアンズに行きましたが、どちらもすごい素敵なところでした!!
参考に各地域のおすすめの場所を記載しておきます☆

メルボルン
  • グレートオーシャンロード
    有名な巨大な海岸線!岩の形がすごく特徴的で、とても壮大なスポットになっています。私はここでダブルレインボーを見ちゃいました♪
  • 夜のcrown casino周辺
    ライトアップされていてとっても綺麗です!!また週末は路上演奏なども行われていてとっても雰囲気がいいです♥ 

シドニー
  • ブルーマウンテン
    世界遺産。山を下るトロッコ列車に乗れます。結構迫力があっておもしろいです!!スリーシスターズと言われる3つの岩が有名です。

ケアンズ
  • ホワイトヘヴンビーチ
    世界で一番綺麗と言われるビーチ。無人島で、限られた時間・人数しか上陸できません。わたしが今まで人生で見てきたビーチの中で一番綺麗なビーチでした。あまりの綺麗さに息をのむほど。

    またオーストラリアは自然いっぱいなら虫とかいっぱいいるんじゃない・・?とか心配しちゃう女子のみなさん!わたしは大の虫嫌いですが、こっちに来て虫を全然見ていません(笑)その代わり鳥がいっぱいいます!笑

2.
パーティー大国ならでは!積極的にパーティーに参加して!

オーストラリアはパーティー大国!!オーストラリアに住む人はみんなパーティーがすっごく大好きです♥週末はパーティーしなきゃ損!みたいな勢いです(笑)何かと理由をつけてパーティーをひらきます!!誕生日パーティー、お別れパーティー、コスプレパーティーなどなど。。特に誕生日などは友達が集まって盛大にお祝いをします。
パーティーの種類によってはクラブやバーで開かれることも多く、ドレスアップしてパーティーに行くという経験は日本では出来ないのでぜひ経験しておくべきです。
わたしも色んなパーティーに参加していますが、友達もたくさん出来るし、とても楽しいですよ!今度はBallというformal partyに参加する予定で、それもすごく楽しみです!

3.
色んな国の料理を楽しんで!

オーストラリアは多文化の国なので、いろんな国の料理が楽しめます!わたしは大の食べるの大好きな人間なのでとても幸せです(笑)日本食はもちろんのこと、ベトナム料理、中華料理、マレーシア料理、ギリシャ料理、韓国料理、イタリアン、フレンチ、インド料理、そしてもちろんオーストラリア料理も!
私のお気に入りの料理をpick upして詳細を書きたいと思います!

  • ギリシャ料理
全体的にあっさりした感じの料理が多いです。基本的にシーフードが多い。こないだは日本だと高くてなかなか食べれない生ガキが安くで食べれるので、たっぷり贅沢に頂きました!!

  • インド料理
本格的なカレーが食べれる!!rotti bread(日本でいうナン)もいろんな味があってとーってもおいしいです♥わたしは辛いものは食べれないのですが、こうゆう本格派なお店でも辛くないカレーもちゃんとあるので、嬉しいです(^^)

  • オーストラリア料理
やっぱりオーストラリアに来たからにはオーストラリア料理を食べなくっちゃ!ということです。オーストラリア料理といえばやっぱりステーキとチップス!日本と違い、ステーキはとっても安くで食べれます♥ 

  • カフェ
オーストラリアの人はみんな大のコーヒー好き♥昼間はもちろん、夜でもカフェはたくさんの人でいっぱい。夜にお茶するという文化は日本ではないのでおもしろいですよね。またhigh teaなどもいろんなところで楽しめます!

この他にもオーストラリアではいろんな経験が出来ます!!留学は今までしたことない経験ができる大きなチャンスです。色んな事に挑戦していろんなことを経験して失敗して成功して泣いて笑って、最後に「いい経験したなー!楽しかったなー!」と思ってください。

以上で今回の更新を終わらせていただきます。
今回の記事が少しでもみなさんの手助けになると嬉しいです。
読んでいただきありがとうございました!

Study Abroad2014 Vol.1(2014年3月31日)

Deakin20140331

こんにちは!オーストラリア、Deakin大学に留学中の鈴木のどかです。Deakinでは女子6人、のびのび穏やかオージーライフを満喫中です。私は、留学先を決める際、最後の最後まで迷い尽くしていたのですが、今は、ほんっっとうにここにしてよかったと心から思います!そんなオーストラリア、Deakinでの生活を紹介します〜!

私たちは今、DUELIと呼ばれる語学学校に通っています。先週ちょうど、1ターム目のクラスの試験が終わった所で、全員無事合格し、レベルアップしたクラスで現在学んでいます。授業は、GCの授業でやってきたことがこう役に立つのか!と実感出来るような内容です。クラスで遠足に行くこともあります。現在クラスには日本人は一人なので、友達が作りやすく、また程よいプレッシャーで他の留学生に負けじと頑張っています。

次に、私たちが暮らしているメルボルンについてお話します。
私が思うメルボルンの魅力を三つあげるとすると、
1 快適な気候
2 多文化共生
3 文化的な街
といったところです。


まず、1つめについて。メルボルンは、暑すぎず、寒すぎず、本当に過ごしやすい気候です。住みやすい都市ランキングで世界一位に選ばれただけあります。特に、天気の良い日にはビーチに出かけると最高です!

2つめは、多文化な都市であること。メルボルンは、世界中からの移民、留学生で溢れており、街を歩いていても本当に様々な人種に出会えます。懐の大きな、外国人に優しい都市だと感じます。特に、異文化で溢れていることを特に実感出来るのが、料理です!ストリートを歩いたり、フードコートに行ったりするとそれが分かります。中華料理、欧米料理、タイ料理、ベトナム料理、アラブ料理、日本料理...世界中の味を楽しめます!外食する時、今日は何料理にするー?と悩むのがとても楽しいです!

3つめは、文化的な街。メルボルンは、私のようなザ・文化系人間にはたまらない都市です。たまらんです。街のいたるところがアートで溢れかえっています。無料で入れるアートギャラリーがそこら中にあったり、ちょっとした建築物が無駄にモダンだったり、ちょっと路地に入ると、落書きとは思えないようなアーティスティックな絵が壁に描かれていたり。それに、素敵なシアターやホールが充実していて、コンサートやミュージカルなど思う存分楽しめます!それから、毎週末には何かしらのフェスティバルやイベントが行われているので、友達と出掛けて、飽きることがありません。ちなみに今は、コメディーフェスティバルが開催中です!

こんなかんじで、まだまだ始まったばかりですが、私は日本に帰ることを考えるとちょっぴり憂鬱になるくらい、今の生活を気に入ってしまいました(笑)とにかくみんな元気にやっています!長文失礼しました、それではまた!

Study Abroad2015 Vol.1(2015年4月27日)

Deakin20150425

こんにちはオーストラリアのメルボルン、ディーキン大学に留学に来ている藤田真央です。こちらに来てもうすぐで約2ヶ月が経とうとしています。学校の様子と街の雰囲気を報告したいと思います!メルボルンはとてもオシャレな街で、街並みがとても綺麗です。1時間以内で行けるところにCITY、巨大ショッピングモール、ビーチなどがあり、休みの日などに出かける場所がたくさんあります。交通機関は充実していますが、バスやトラムは駅名のアナウンスがなく、始めの方は手こずりました。
現地に来てからはすぐに語学学校が始まり、DUELIという語学学校に通っています。5週間周期でテストがあり、クラス替えがあるので、課題やテスト勉強を全力でこなす日々が続いています。5週間の2ターン目が終わり、今は少しずつこの生活に慣れてきて余裕が出てきました。授業内容はGCと驚くほど似ていて、GCでの勉強がすごく役に立っています。あと2ターンでアカデミックの大学に行くことになるので、それまでに英語力を伸ばすよう、勤めたいと思います。この2ヶ月の間、日本では経験出来ない事をたくさん経験することができました。つらいことも楽しいこともたくさんありますが、全力で楽しみ、吸収したいと思います!最後に、ディーキン大学のメンバーで撮った写真と街の様子の写真をアップします。留学を通して、このメンバーとは本当に仲良くなったと実感しています!

Study Abroad2015 Vol.2(2015年7月17日)

Deakin20150717

皆さんこんにちは。
オーストラリアのメルボルン、Deakin University に留学中の藤田真央です。
メルボルンは現在冬です!毎日ひしひしと寒くなっています。こちらの生活も早いことに、もう5ヶ月が経過し、帰国まで半分をきってしまいました。そう思うと、とても早く感じます。

私たちは今、語学学校が終了し、ついにDeakin University でAcademic の授業を受け始めました。

ここに至るまでの簡単な流れを念のため説明させてもらいます。
まず、到着後すぐに語学学校(DUELI)が始まり、intake 4つ分(5週間 ×4) 語学学校に通います。ここで、Academic の授業への対策でレポートの書き方などをしっかり教えてもらいました。色々な国からの生徒がいて、たくさん色んな国からの友達ができました。他の国の言語、文化を知るのにとてもいい経験になりました。
語学学校での約5カ月の学習を終えた後、大学主催のBeach Orientation Camp というものに参加しました。このキャンプは、各地(大半がアメリカ、イギリス、カナダ、ヨーロッパなど)からの交換留学生と、大学が始まる前に仲良くなろうというもので、2泊3日Great Ocean Road というとても綺麗な海辺に行ってきました。ここに来ていた交換留学生の8割は英語がペラペラで、語学学校での状況と一転、話せるのが当たり前の世界に飛び込みました。それでも、サーフィンなどたくさんの行事を用意して下さっていて、言葉が使いこなせなくても友達を作ることができました。

そして、今週からいよいよ大学の授業が始まりました。自分のとりたい授業を4つまで履修できるので、私は Screen Practice (映画), Philosophy and Film (哲学と映画), Media(メディア学), World Religion (宗教学)を履修しました。どれもとても新鮮で面白い内容の授業です。大変なことといえば、授業を理解するのに人一倍時間がかかる、またSeminar という、現地の学生とDiscussion をするクラスが必修で各クラスについてくるので、そこで授業を踏まえた上で自分の意見を英語ではっきり話すことはとても難しく感じます。今後は毎日課題に追われる生活が待っていると思いますが、頑張ってこなしていきたいと思います。

最後に、Beach Orientation での写真と、その他写真を何枚か載せさせていただきます!長文読んでいただいて、ありがとうございました。

Study Abroad2015 Vol.3(2015年12月18日)

Deakin20151218

こんにちは、同志社大学グローバル・コミュケーション学部2回生の石沢瑶です。

昨日2015年12月16日メルボルン、ディーキン大学での留学プログラムを修了し、同志社メンバー全8人が無事に日本へ帰国しました。

まずスシローに行きます。

今回は特にオーストラリア、メルボルンでの留学を経て感じたことを率直に述べたいと思います。

まず、メルボルン市内について話したいと思います。
メルボルンは世界で最も住みやすい街に選ばれていることをご存知でしょうか?今回の留学生活を通して、その意味を実感することができました。
メルボルン市内は様々な機能を持った建物の集まりです。観光地として栄える現代的な建物、植民地時代からの歴史をもつ古い建物、自然豊かな公園、もちろん多くの学校や病院など全てを揃える街と言っても過言ではありません。
市内はトラムと呼ばれる無料の公共機関が往来し、移動するのにとても便利な街となっています。
さらに、週末に問わず多彩なイベントやスポーツ観戦が市内で開催され、シティがその都度活気溢れる姿へと変わることを目にすることができます。
このように、メルボルン市内はたくさんの楽しさや便利さ、自然に溢れた街となっています。

次は人という観点からメルボルンを見て行きたいと思います。
オーストラリアは移民の国と言われているのをご存知かもしれません。一度メルボルン市内に足を踏み入れると、様々な国籍、宗教、文化、バックグラウンドを持った人々と出会うことができます。
他のオーストラリアの地域に比べるとメルボルンは日本人の割合は少なめで、中国系の人々よく目にする機会があると思います。
もちろん、アジア、欧米、アフリカなど多様な国籍の人々とも出会うことができます。
このようにオーストラリアは様々な人々による様々な文化、価値観が混ざり合った社会となっています。

僕たちはこのメルボルンという地で英語という日本語とは別言語を使用しながら日々挑戦を繰り返してきました。慣れない環境で色々な体験を積みながら、友達との大切な出会いを経験し、まったりとした時間や、まるで忙しない時間を共に共有しました。そして、気がつけばジェットコースターのようにあっという間に留学が終わってしまったように思われます。この宝物の10ヶ月間はメンバー全員にとってかけがえのないものとなりました。

最後になりましたが、長文を読んでいただきありがとうございました。
このように留学をすることができたのは、絶えず関わり続けてサポートしていただいたご家族の皆様、SA関連の先生方々、そして、常に前向きに僕たちを応援していただいた後輩、同級生、先輩のおかげだと思います。
この10ヶ月間本当にありがとうございました。

同志社大学グローバル・コミニケーション学部

阿弥マリナ
石沢瑶
問華菜子
藤田真央
堀江祐子
前川和美
上田未来
吉村沙恵

Study Abroad2016 Vol.1(2016年3月13日)

Deakin20160313

こんにちは。オーストラリア、メルボルンのDeakin大学に留学中の松原萌です。早いようで、留学スタートから1ヶ月が過ぎました。私達、Deakin組は女子3人で仲良くオーストラリアでの生活を楽しんでいます。

2月12日に日本を発ち、13日夕方頃にメルボルンに到達しました。しかし、私達の相変わらずのマイペースさで、シドニー空港でメルボルン行きの飛行機に乗り遅れるというハプニングに見舞われました。ただ、そこで誰も慌てないのがこの3人の良いところ。しっかりと開き直り、そんなハプニングも楽しみながら、私達の留学生活もスタートしました。

まず、こちらへ来て驚きつつ安心したのが、交通機関の便利さでした。電車、バス、トラムと全てがmyki passという定期のようなカードで乗り放題(passはもちろん有料です)で、なぜかメルボルンシティまで、片道$1くらいで行けます。さらに、それらが、時間を大幅に遅れることは滅多になく、あったとしても5分くらいで、車内の治安も思っていた以上に良いです。また、いたるところに巨大スーパーとサブウェイがあり、ダイソーがあり、と本当になんでも売っています。

次に天候ですが、今こちらは夏から秋に変わりつつある為、とても不安定な気候です。雨はほとんど降りませんが、朝晩はとても寒く、昼間は40度近くまで気温が昇りとても暑いという、不思議な天候です。しかし、日本のようなジメジメ感はなく、カラッとしているので、汗がだらだらといった感じではなく、体感気温はそこまで暑くないのですが、日差しがダイレクトに肌を刺激して痛いという暑さです。こちらでは上着やカーディガン、日焼け止めが必須アイテムです。

英語学校ですが、私達は少し遅れての参加になりました。周りには本当にたくさんの中国人、中国人、中国人…そして日本人の短期の方々がちらほら、ベトナム人もちらほらと。私達は3つのレベルをクリアしてから、アカデミックに進みます。そして今日、一つ目のレベルであるEAP1のテストが終わりました。あとはプレゼンテーションをこなし、結果を待つのみです!

メルボルンがすごく住みやすいからなのか、私達の適応能力が高いのかわからないですが(笑)…3人とも本当にすっと生活に馴染めていると思います。ホームステイも良い人ばかりで、本当に楽しいです。私達は続く後輩達のためにも、たくさんのDeakin情報をお伝えしていければなぁと思っています。これから約10ヶ月、Deakin留学3人組は相変わらずゆるくマイペースにやるときはやる、で頑張っていきますので、暖かく見守っていて下さいね。

Have a good day♪
.