こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・コミュニケーション学部ホーム
  2.  > 学びの特長
  3.  > キャンパスレポート(University of Utah)

キャンパスレポート

University of Utah

Study Abroad2012 Vol.1(2012年4月18日)

Study Abroad2012 Vol.1

こんにちは!!
3月上旬からアメリカのユタ州に留学している相見真衣です。
私を含め同志社大学GC学部から6人がUniversity of Utahに通っています。
今回、私たちの通っている大学についてお話したいと思います。

私たちは皆、ホストファミリーと生活をしていますが、寮で生活したい人は途中から変更することもできます。
ユタ州の人たちは良い人ばかりなので、ホームステイ先を変更したいという人が少なく、ユタ州でのホームステイの満足度は98%だそうです。
実際私たちもホームステイ先では快適に生活をし、とても満足しています。

キャンパスは町の中心近くで、University of Utahに通う人たちはバスや電車にfreeで乗ることができます。
大きいショッピングモールやNBAのバスケットボールの試合なども観戦できるスタジアムにも無料で行くことができます。
どこへ行くのも一切交通費がかかりません。

私たちはELIという英語学校で勉強をしています。
初日にオリエンテーションでプレースメントテストが行われ、クラスが分けられます。
ELIにはレベル1から8まであり、レベル8まで行くと正規の大学の授業に進むことができます。
日本人の多くはレベル4や5からのスタートになります。
しかしGC学部の生徒はTOEFL ITPで500点以上とると、早ければ5月から正規の大学の授業に移ることができます。
早くから正規の授業をとれるということは、University of Utahを選ぶ上でとても大きなポイントだと思います。

授業はReading, Speaking&Listening, Writing, Grammarの4つの授業があり、
授業は月から木で、1日に70分の授業が4コマあります
1限目 8:20〜9:30
2限目 9:40〜10:50
3限目 11:00〜12:10
4限目 12:30〜13:40

お昼の時間は短いですが、カフェテリアで買って食べたり、家から持ってきて合間に食べたり、授業が終わってから近くに食べに行ったり様々です。
授業が早く終わる分、図書館で勉強したりなど、自分の時間を十分に持てるので、充実した日々を過ごすことができます。

またELIにはstudy hallいう勉強するスペースがあり、授業以外でも分からないところなど先生に気軽に聞きに行くことができます。
恵まれた環境で勉強できるので、この1か月間、ELIで学び、得たことはたくさんあります。

週末にはELIの企画でたくさんのactivityが用意されており、参加は自由ですが、
サッカー、バスケットボール、アイスホッケーなどのSalt Lake Cityの有名なチームの観戦、演劇やロッククライミングなどのactivityが通常よりも安く参加することができます。

施設については、
大学のキャンパス内にはgymやlibrary、ボーリング場などたくさんの施設があります。
Gymは広く、バスケやテニスも無料でできます。

ユタ州で私たちは先生方や友達、環境に恵まれ、毎日楽しく、日々しっかりと勉強しています。
これで、University of Utahの説明を終わります。
何かお役に立てれば嬉しいです。
もし質問などあれば、いつでも聞いてください。
ありがとうございました。

Study Abroad2012 Vol.2(2012年6月16日)

こんにちは!
Utahに留学中の相見真衣です。
今回はユタの街並みについてお話したいと思います!
ユタはアメリカの中で、2番目に安全な街だと言われています!
そのユタはというと、、、
現在気温は30度前後、夏が来た!!という感じで、とても暑いです。
そして日本とは違い、雨も少なく、湿度が低いので快適に過ごすことができます。
また、夜の9時でも外は明るく、時々、時間を勘違いしてしまいます。

みなさん、ユタと聞くと何を想像しますか?
ユタに来るまで、ユタはとても田舎で、砂漠が広がっていると想像していました。
でも実際、そんなことはありません。

まず、ユタのSalt Lake Cityにあるダウンタウンについてお話したいと思います。
ダウンタウンへは電車で、大学から15分くらいです。
しかもどこへ行くのにも、ユタ大学の生徒は電車やバスが無料なので、交通費の心配はありません。
ダウンタウンには2つの大きなショッピングセンターがあります。
これらのショッピングモールにはH&Mやforever21、アバクロ、ホリスター、GAPなどが入っているので、服に困ることはないと思います。
このショッピンッグモールには映画館もあり、$6で見ることが出来ます。
学校からバスで行くことができる映画館ではなんと$1で見ることができます!

またダウンタウンからは少し離れていますが、電車とバスで行けるところにLagoonという遊園地もあります。
ジェットコースターもたくさんの種類があり、プールやウォータースライダーもあるので、十分に楽しむことが出来ます。
ユタクオリティーをなめてはいけません。笑
そしてユタには動物園やアウトレットもあります。

ところでみなさん、あの有名な映画”High School Musical”を知っていますか?
High School Musicalはユタにある学校、East Highで撮影されたのです!!!!
そして、誰でも学校の中に入ることが出来、見学をすることができます。
そしてこの映画が舞台となった学校のグッズも買うことができます!
映画とそっくりそのまま一緒だったので、感動しました!

Utahはスポーツが盛んで、
アメリカンフットボールやラグビー、サッカー、野球、バスケ、アイスホッケーなども見に行くことができます。
私はユタに来てから、アメフト、バスケ、サッカーをすでに見に行きました!

そして、そして、やはりUtahと言ったら、自然です!!!
周りが山に囲まれていて、眺めが最高です!
UtahにはNational Parkがたくさんあります。
冬になるとスキーやスノボーが盛んで、
夏にはキャンプやハイキング、バーベキューが盛んです。
また山だけでなく、Great Salt Lakeという湖もあります。
そこでは夏にジェットスキーをすることができます。
実際に私はCampingのクラスをとって、キャンプに行ってきました。
たくさんのアメリカ人といろいろな活動を通して関わりあうことができとても楽しかったです。

Utah は日本と深く関わりがあります。
アジアン・マーケットもいくつかあるので、日本食が恋しくなったときは食材を買い、自分たちで作ることができます。お好み焼きの粉やうどん、めんつゆから日本のお菓子までたくさんの食材が揃っています!
またユタには日本料理店や寿司屋さんもたくさんあり、少し値段は高いですが、とてもおいしいので日本食が恋しくなった時は利用しています。
5月には日本祭りがあり、アメリカ人が日本のコスプレをしたり、日本のパフォーマンスをしたり、日本の食べ物もたくさん売っています。
実際、私はボランティアとして、着物のファッションショーに出させてもらいました。
また、7月には盆踊り祭りもあるそうです。

休暇中の旅行はというと!!Utah から飛行機で、1時間30分くらいで、ラスベガスやカリフォルニアに行くことが出来ます。
大阪から新幹線で東京行くよりも早いです!!!
だから旅行をする時には、とても良い立地です。

まだユタに来て3か月しか立っていませんが、このユタで、日本ではできないような経験をたくさんすることができています。
いろいろな経験を通して、私はユタが大好きになりました。
これを通して、みなさんにユタについてもっと知ってもらえたらいいなと思います!!

Study Abroad2012 Vol.3(2012年8月7日)

Study Abroad2012 Vol.3

こんにちは!
ユタ大学に留学中の相見真衣です。
今回はユタでの生活ということで、
まずはユタの気候についてお話します!
今ユタに来て5か月が立ちましたが、雨が降ったのは、片手で数えきれるほどです。
ユタに来る前は寒いイメージしかなかったですが、夏である今は日本を上回る気温です。しかし湿気がほとんどないのでとても過ごしやすいです。
私は夏服をたくさん日本から送ってもらいましたが、服はショッピングできる場所もたくさんあり、とても安いのでこっちに来て買うことをお勧めします!

次に大学生活についてです。
5月中旬から夏セメスターがはじまり、今はやっと夏休みを迎えました。
正規の授業では好きなクラスをとることができます。
私はキャンプ、ズンバのアクティビティの授業を含め、コミュニケーション、言語学、文化の授業など全部で5つのクラスを取っていました。
ズンバは日本でいうスポパみたいなクラスで、毎週2回朝に8時からダンスをしていました。
すごく楽しいです!!
全ての教科が週に2回あり、始まる時間、終わる時間は日によって違います。
夏セメスターは、生徒数が少なく少人数クラスが多いので、よりネイティブの人たちと関わることができます!

そして、ユタ大学にはJapanese associationという日本人と日本に興味を持っているアメリカ人とで成り立っている団体があります。
最近は関わる機会も増え、プールに行ったり、バーベキューをしたり、日本食パーティーをしたりとたくさんのイベントを楽しんでいます。
みんなとっても優しく、お互いにたくさんのことを教え合うことができるのでこのメンバーで過ごす時間はとっても楽しく貴重です♪

今は夏休みなのでありませんが、
幼稚園でボランティアをしていました。
幼い子供たちは人なつこく容赦なくとっても早口で英語をしゃべるのでとてもいい勉強になります!
また、アメリカの幼児教育は日本と違う特徴をたくさん持っているので教育に興味がある人、子供が大好きな人にはぜひこのボランティアをお勧めします!
先生に尋ねると、いろいろなボランティアを紹介してもらえるので、どんどん利用するべきだと思います!
ちなみに私はこの8月にメキシコで英語を教えるというボランティアをするつもりです。

学校は月から木までで、課題や予習などすることもたくさんあり、勉強は毎日ハードです。平日は学校終わりに図書館や家で勉強し、日曜日も1日家にこもって勉強dayにしています。
しかし、毎日毎日勉強という訳ではなく、週末は他の国の人たちと関わり、英語を話す機会を増やすようにしています。
キャンプやバーベキュー、他国の料理パーティなどをしていろいろな人と関わることによって、いろいろ学ぶことも多く、日本では経験できないこともたくさん経験しています。
そして、ホストファミリーには結婚式やホームパーティー、卒業式などに連れて行ってもらい、日本とは違う文化を実際に感じることもできました。

以上で私のユタでの生活について終わります。
今、私はホームステイをしていますが、この8月から寮に移るので、寮についても次お話できたらいいなと思います。
1回生のみなさんはそろそろ留学先の大学も決まると思います。
私は留学に行く前、ユタについて何も知らなく、何をどうしたらよいか分からなく不安だらけでした。
だから何か質問があったら、いつでも聞いてください!!!
では、ありがとうございました。

Study Abroad2012 Vol.5(2012年9月26日)

Study Abroad2012 Vol.5

こんにちは!
ユタ大学に留学中の相見真衣です。
早いもので6か月が過ぎ、あと残りがちょうど3か月になってしまいました。
ユタで過ごす半年は本当に充実し、一瞬でした。
今回のテーマは自由と言うことで、
たくさんみなさんにお伝えしたいことがあるのですが、
今回はみなさんにぜひともユタで経験してほしいことについてお話したいと思います。

はじめにボランティアについて。
ユタでは様々なボランティアに参加することが出来ます。
ボランティアを通してたくさんの人と関わることができ、視野も広がるので積極的に色々なことにチャレンジすることをお勧めします:)
私は幼稚園のボランティアをしていたのですが、その他にもガールズスカウトのボランティア、リサイクル関係のボランティアなど
ボランティアに詳しい先生に聞くと色々な種類のボランティアを紹介してもらうことができます。
私が参加していた幼稚園のボランティアでは
子供たちのリーディングやライティングのお手伝いをしたり、
休憩時間にはグラウンドで一緒に遊んだりしました。
幼い子たちは容赦なく話しかけてくれるので自分の英語の勉強になります。
そしてなにより感じたのが日本との幼児教育の違いです、たくさんのことを経験できいろいろなことを吸収することができました。

そして現在はアカデミッククラスの日本語の授業のアシスタントをしています。
会話のお手伝いをしたり、生徒さんの宿題を訂正したりしています。
日本語に興味がある学生も多く、日本語を通じて、たくさんの人たちと関われるので、とてもいい機会だと思います。

先日、メキシコでボランティアに参加しました。
メキシコの高校に行き、4人程のボランティアで1クラスの先生となり、様々な英語の遊びを通して英語を知って楽しんでもらおうというものでした。
メキシコには英語を全く知らない子がいたりといろいろ大変でしたが、本当に良い経験になりました。
宿泊はメキシコでホームステイを経験しました。
このような経験はなかなかできるものではないので、行くことができて本当に良かったなと思っています。

このように自分次第でユタではいろいろなボランティアに参加することができます。
自ら行動し、何事にも積極的に参加すれば、様々なことを経験をすることが出来るということを学びました。

二つ目に
国立公園(national park)に行くことをお勧めします!
ユタには5つの国立公園があります。
どこに行くのにも車で4時間弱かかりますが、せっかくユタに留学しているならいくべきです!
私はまだ行ったことがありませんが、来月に3つの国立公園に行くつもりです。
いくつかの国立公園は冬の時期になると、クローズしてしまうので、早いうちに行く方がよいと思います。
今になって、もっとほかの国立公園に行くべきだったなと後悔しています。
だからみなさんにはぜひぜひ行ってほしいです!

3つ目はやはり、自然です!
冬にはスノーボード、スキーに行くことをお勧めします!
ユタ州のSalt Lake Cityではオリンピックが開かれたこともあり、ユタはウィンタースポーツで有名です。
ユタのソルトレイクシティのスキー場に降る雪は「地上最高の雪」と言われ、ユタの雪は質が良いことで有名です。
だから日本とユタの雪質は全然違っていて、ユタでのスノボーやスキーは最高らしいです。
この冬は必ず行こうと思っています!
そして夏にはやはりキャンプやバーベキューに行くべきです!!

このようにユタではいろいろなことを経験することができます。
やはり何事においても積極的に参加するということが大切だと思います。
そして日本では経験できないことをぜひぜひ感じてほしいです。
そしてG.C一回生のみなさんは本格的に行先が決まったようですね。
留学先が決まって、いろいろ分からないことや不安があると思います。
だから質問があればFace Bookを通してでもいつでも聞いてください。

Study Abroad2013 Vol.1(2013年4月25日)

Study Abroad2013 Vol.1

こんにちは。ユタ大学に留学中の玉井伸幸です。遅くなりましたがGC3期生のみなさん入学おめでとうございます。私たち2期生はここユタにきてはや2ヶ月がたとうとしています。

今日は大学について書かせていただきます。 GCからは僕を含め13人の生徒がユタ大学に留学しています。まずはじめに思ったことはキャンパスが大きいということです。ですが慣れれば移動に困ることはありません。ユタ大学にはTraxと呼ばれる電車の駅が4つあります。本数も15分に一本は走っているため遠い場所に行く時はこれを使うこともできます。またキャンパスバスも頻繁に通っているため、移動に不便することはほとんどありません。また大学からの景色は最高で僕はこの景色を見るたびにこの大学にきて良かったと黄昏ています!

今私たちはELI(English Language Institute)という大学付属の語学学校に通っています。語学学校にはサウジアラビア人、韓国人、中国人、フランス人、ベネズエラ人、クエート人などからの留学生が多くいるため語学だけではなく、多くの文化も同時に学んでいます。授業は8時20分からと少し早いですが、13時40分に終わるため午後からは有意義に時間を過ごせています。また月曜日から木曜日なので毎週が三連休です!みんなに聞くと週末はショッピング、パーティー、ハイキングなど各々楽しんでいます。またELIは多くのアクティビティを用意してくれます。今まで、ホッケー、バスケットボール、ロッククライミングなどに参加しました。そしてここユタ大学はスポーツが大変盛んな大学の一つです。とくにアメリカンフットボール、バスケットボールは全米でもトップレベルです。アメリカンフットボールに関しては大学に大きなスタジアムがあり、シーズンになると大変な賑わいになるらしいです。

来週からELIの期末テストが始まります。それが終わると二週間の休みです。みんな休みの計画を立てるのが忙しく、勉強どころではありません(笑)ニューヨーク、カルフォルニア、メキシコなど、皆思い思いの休日を過ごすようです。5月からはホームステイからキャンパス内の寮に移る学生もいます。また休みが終わると多くの学生は現地学生と同じ大学の授業を取ります。勉強で忙しくなると思いますが、今はみんなやる気満々です。まだ留学は始まったばかりですが、時間を大切に頑張ろうとおもいます。一回生の皆さん、質問あったらいつでもしてください。同志社での大学生活を楽しんで下さい!

Study Abroad2013 Vol.2(2013年6月3日)

Utah20130603

こんにちは。University of Utah に留学中の玉井伸幸です。今回のテーマは街についてということで、ソルトレイクシティーについて書きたいと思います。

ソルトレイクシティーについてみなさんはどのくらい知っていますか?

正直僕もここに来るまで田舎で砂漠が広がっていると想像していました。実際は違います!ソルトレイクシティーには大きなショッピングモールが二つあります。ユタ大学から20分程でいけるため、授業終わりでも気軽に行くことができます。またユタ大学の学生は大抵の場所には無料で行くことがだきます。これらのショッピングモールには有名なレストランや服屋さんが多くあります。その上、ユタは物価がアメリカの中では比較的安いので他の州よりも安く服や日常品を買うことができます。もちろんほとんどの物が日本よりも安いので、無理に日本から物を持ってくるよりはこちらで調達することをお勧めします。ソルトレイクシティー郊外には他にも多くのショッピングモールあるため、それぞれが住んでいる寮や家から比較的簡単に行くことができます。また、ショッピングモールの近くにEnergy Solutions Area と呼ばれるJazz Utah(NBAのバスケットボールチーム)の本拠地や、ちょっと街からは離れますが、アイス・ホッケー場ではコンサートも開かれます。例えば、つい2日前にはテイラー・スウィフト、8月にはブルーノ・マーズのコンサートが行われる予定です。またソルトレイクシティーはモルモン教の街としても有名です。街にはテンプル(教会のようなもの)やそれに関係する銅像が数多くあります。

ハイキングもお勧めです。ソルトレイクシティーは盆地にあり多くの山に囲まれています。なので、ここに住んでいる人たちにとって運動といえばハイキングです。僕も何度かハイキングに行きました。ハイキングといってもただハイクするだけではありません。山から街全体を見ることができます。景色は最高です。また滝がある山もあります。

僕が最もお勧めする場所はパーク・シティーです。ここは大学から車で30分弱かかりますが、僕の大好きな場所です。パーク・シティーは2002年冬季オリンピックの多くのスキー競技が行われた場所として有名です。ちなみに、開会式はユタ大学のスタジアムで、選手村は大学の現在の寮やアパートメントの辺りにありました。パーク・シティーは多くのヨーロッパ風の建物が多くあるため街並みはとても綺麗です。またここにはアウトレット・ショッピングモールがあります。多くの物を格安で手にいれることができます。当然スキーシーズンにはスキーやスノーボードを楽しむことができます。僕はまだスキーをしていませんが、ここの雪は世界一の雪と言われているため次のシーズンは必ず行きたいと思っています。また、僕たちはまだ1月にはここにいませんでしたが、その時期に大きな映画祭が毎年催されます。僕の友達はウィル・スミスを見たと言っていました。気温もソルトレイクシティーよりも標高が高いため、真夏でも過ごしやすいそうです。
ソルトレイクシティーから少し離れると、スケート場、プール、温泉、サッカースタジアム、大きなアミューズメントパークなどもあります。またユタ州は国立公園が5つあります。どこへ行くのにも車と時間が必要ですが、僕は夏休みに行こうと考えています。
このようにソルトレイクシティーやその郊外には多くのショッピングモールや娯楽があります。僕たちはそれぞれショッピングモールやハイキングなどを楽しんでいます。次回は僕たちの生活について書きたいとおもいます。

Study Abroad2015 Vol.1(2015年8月26日)

Utah20150826

みなさんこんにちは!
ユタ大学に留学中の石崎琴美です。

語学学校のELI期間を終え、夏休みを挟み、今週からアカデミックの秋学期がスタートしました。

ELI (English Language Institute)では
毎日4つの授業を受けます。
・writing
・speaking
・reading
・grammar
それぞれ入学する際、テストを受けてクラス分けされるので、自分とほぼ同じレベルの生徒たちと、基礎から英語を学べます。

殊にELIにはたくさんの国からの生徒たちがいて、それぞれアクセントやジェスチャー等違ってくるので、異文化交流の場としてもとっても充実しています。

生徒だけでなく、先生たちもユニークな人が多く毎日飽きる事なく授業を受けることができました。

アカデミックのクラスは、12単位以上自分の好きな科目を選択できます。
ELIの延長線上となる基礎クラスから、ユタ大学のネイティブの生徒たちの必修科目まで種類は様々。

中にはビリヤードやボーリング、キャンプといったアクティビティ系の授業もあって、選択範囲がとっても広く、わくわくしっぱなしでした。

計4人でユタ州に留学中の私たちですが、内2人は今季から寮に移り住むことになりました。
私を含むもう1人はホームステイを続けています。

ホームステイ先は、朝と晩ご飯、WiFiが付いていて、家族構成は家庭によって異なるものの、現地の方々との最高のコミュニケーションの場になります。

私はホストマザーと二人暮らしをしていて、小さな子供たちや同い年くらいの家族はいませんが、とにかく自由にさせてもらっています。
マザーが自分の英語を根気よく聞いてくれるので、家の中ならではの英語も使えるようになりました。

ちなみにユタ州はとにかく田舎だと思われがちですが、大きなモールが3つ、大学から30分以内にあって内ひとつは去年出来たばかりで中のお店も外観も文句無し!
休日ショッピングには困りません。

さらにユタは雨も少なく乾燥した気候で、
大学まで続く路面電車のtrax内では色んな人がにこやかに話しかけてくれる平和な州です。

あと4ヶ月ここユタで今よりもっと成長出来るよう頑張ります。

Study Abroad2016 Vol.1(2016年3月17日)

Utah20160317

GC学部の田上修至です!アメリカのユタ大学からキャンパスレポートについて報告します!

ユタ大学にはGC学部から3人留学をしています。日本を出発してまだ1週間ほどですが、ELIという語学学校もすでに始まり、少しずつ生活にも慣れてきている状態です。

ELIは1〜8までのレベル別クラスに分かれており、Grammar, Writing, Reading, Speaking/Listeningの4教科を月曜日から木曜日まで授業として行っています。各授業の先生たちはそれぞれ個性があってどの授業も楽しく受けられます。ELIは、日本人の比率が比較的高めですが、様々な国から留学生が集まっており、いろいろな話が聞けるので毎日勉強になります。

次に、ユタ大学の学生はUカードという学生証があれば、バスやTRAXという路面電車が無料で使用できます。ダウンタウンへもすぐに行けるので、学校帰りや学校の休みの日などもよく遊びにいきます。ユタ州はモルモン教徒がたくさんいるので、ダウンタウンには大きな寺院があります。宗教などを知る上でとても大事なことだと思うので、一度行ってみることをおすすめします。

次に天候についてですが、ユタ州は2002年に冬季オリンピックが行われたということもあり、3月ですが雪がときどき降ります。また朝と夜の寒暖差がすごく激しいです。朝はコートを着ていくほど寒かったりしますが、昼はTシャツ1枚でも過ごせるくらい暑くなります。

最後に、ユタ州の人たちはみんなとても親切です。Excuse meと声をかけるとみな丁寧に道のりやどのバス,電車に乗ればいいかを教えてくれます。個人的な体験談ですが、バスシステムが複雑なのでよく道に迷ったりしますが、バスドライバーに最寄りのバス停まで送っていただいたことがありました。

まだ1週間ほどですが、ユタ州は本当にいいところだといろいろな場面で感じます。
.