こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・コミュニケーション学部ホーム
  2.  > 学びの特長
  3.  > 中国語コース

中国語コース

地球規模で展開する中国語圏への架け橋となる
高度な中国語のスキルと異文化への理解力を養います。

華人社会はグローバルということばが常用されるようになる以前から、地球規模で展開してきました。現在では、中華人民共和国、台湾、香港、マカオ、シンガポールはいうにおよばず、北米、ヨーロッパ、東南アジア、アフリカ、オセアニア、日本など世界の多くの国や地域に華人コミュニティが存在します。つまり、中国語は英語とはまた違った意味で、非常にグローバルな言語のひとつなのです。英語や日本語のみならず中国語の眼を通して世界を見ることによって、グローバル化した現代社会の諸問題に対応する手段がひとつ増えることは間違いありません。

中国語コースでは、少人数クラスによって集中的に基礎を身につけた後、一年間のStudy Abroadによって中国語の高度な総合的運用能力の習得および異文化理解の深化を目指します。

卒業までに以下の検定試験等級のいずれかを取得することを目標とします。
中国語検定 2級
漢語水平考試(HSK) 6級(合計点の6割以上のスコア獲得を合格とみなす)

4年間の学びのイメージ

4年間の学びのイメージ(中国語コース)

授業ピックアップ

基幹中国語Ⅰ会話

中国語学習の入り口に位置づけられる授業です。簡単な挨拶から始めて、半年後には基本的な日常会話ができるレベルを目指します。10人程度の少人数クラスでネイティブ教員が熱意をもって丁寧に、しかも徹底的に教えます。ロールプレイや歌を交えたアクティブな授業でもあり、いつの間にか中国語が教室を飛び交うようになります。

【中国語コース】シラバス
基幹中国語Ⅰ会話
.