こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・コミュニケーション学部ホーム
  2.  > 学びの特長
  3.  > 概要

概要

Study Abroad

外国語圏での1年間のStudy Abroadが必修。
高度で実践的なコミュニケーション能力を身につけます。

Study Abroad(SA)では、語学研修で外国語運用能力を高めるとともに、派遣先大学の正課授業で異文化理解を深めます。両コースの派遣先は、現時点での予定です。

多様な留学先

学部のポイント

実践的な学びを通して身につくコミュニケーション能力

外国語の「話す、聞く、書く、読む」能力を確実に強化するため、少人数クラスを編成し、教員が学生一人ひとりをきめ細かく指導。体系的・段階的なカリキュラムによって、実践的なコミュニケーション能力を身に付けます。

英語・中国語コース必修のStudy Abroad

英語コースと中国語コースの全学生は、それぞれの言語圏の大学において1年間のStudy Abroadを体験。
現地での学びを通して、極めて高い外国語運用能力の習得と異文化理解の深化を目指します。

3コース共通必修のSeminar Project

Seminar Projectでは、3つのコースの学生が協力して、国際会議や文化交流などのプロジェクトを企画・立案、運営します。学生が主体となってプロジェクトを遂行することで、社会で通用する実践的なコミュニケーション能力を磨きます。

グローバル・コミュニケーション学部 3つのコース

必修のStudy Abroadで国境や文化圏を越えたコミュニケーションを体得します。
英語コース
地球規模で展開する中国語圏への架け橋となる高度な中国語のスキルと異文化への理解力を養います。
中国語コース
外国人留学生を対象に、日本文化への理解と、高度な日本語能力の習得を目指します。
日本語コース
.