こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. グローバル・コミュニケーション学部ホーム
  2.  > グローバル・コミュニケーション学部とは
  3.  > 学部長挨拶

学部長挨拶

1864年、校祖新島襄は函館から出国しました。「アメリカの学問を修行したい。それに世界も一周してみたい」と函館からの脱国に手を貸してくれたアメリカ商船の船長W.T.セイヴォリーに、通訳を通してその思いを伝えています。まだ鎖国の時代、海外への渡航は固く禁じられており、それを犯せば死罪も覚悟せねばならない時代に、広く世界を視野に入れた校租の思いは、同志社大学の教育理念のひとつである「国際主義」として脈々と受け継がれています。その「国際主義」の伝統を受け継ぎ、それの更なる発展に貢献するべく、同志社大学の13番目の学部として、2011年4月、グローバル・コミュニケーション学部が京田辺校地に開設されました。
グローバル・コミュニケーション学部長 南井 正廣
同志社大学の前身である同志社英学校が創立されたのは1875年です。それから140年近い歳月が流れました。この間に世界は大きく変わりました。ごく限られた人々が覚悟をもって船で海を渡り外国へ行った時代から、多くの人々が飛行機で海外に気軽に出かける時代となりました。日本へもさまざまな国々から多くの人たちがやってきます。それに、コンピューターの日進月歩の進化に伴い、インターネットによって世界中の情報を瞬時に手に入れられる時代となりました。先見の明をもち世界に目を向けた校祖新島でさえ想像しえないほど急速に世界の物理的な距離は縮まっています。そして、人の流れも物流も国家という単位を意識した国際化の時代から地球規模での動向を意識するグローバル化の時代へと移り変わってきました。どんどん縮小していく距離と反比例して、交流の場は増え、それに伴いコミュニケーションの機会はますます増えています。誰もがうまくコミュニケーションを取りたいと思うことでしょう。本学が行った企業への調査において「採用したい人物像(能力・資質・人柄)」の項目で「コミュニケーション能力が高い」が86%でトップであったのも頷けます。

グローバル・コミュニケーション学部は、現代世界のグローバル化の構造と動向に対する理解、及び異文化に対する理解を基礎に、高度な外国語運用能力をもつコミュニケーションの担い手として、ビジネス関連の諸分野や国際政治・教育・文化交流等に関わる非営利事業の諸分野で、facilitator(推進・纏め)、negotiator(交渉)、administrator(管理・運営)として活躍できる国際人の養成を目的として創設されました。

本学部はグローバル・コミュニケーション学科の中に、英語コース、中国語コース、留学生を対象とする日本語コースの3コースが設けられています。各コースでは、それぞれの言語の卓越した運用能力とコミュニケーション能力を育成するために、基礎となる言語の4技能、「話す、聞く、読む、書く」能力を段階的に強化していきます。そのため、外国語科目では少人数制クラスをとり、密度の高い、きめ細かな教育指導を行います。実習系の演習科目に加え、講義系科目として3つの専門科目群、すなわち、1)グローバリゼーションの理解およびそれに伴う諸問題を扱う科目群、2)異文化理解、異文化交渉に関する科目群、3)言語そのものに関する科目群を配置しています。もちろん専門分野への理解力・研究推進能力の養成を目指す「専門演習(ゼミ)」と総合的な実践性の助長を目指して3コース横断的に行う「Seminar Project」を設けています。それに加え、一般教養科目やキャリア形成科目とともに、大学教育に相応しいカリキュラムを提供しています。英語コースと中国語コースでは語学研修と異文化体験を兼ねた1年間の「Study Abroad」(海外留学)を必須とし、「Study Abroad」で修めた科目を帰国後、学部として単位認定し、卒業単位124単位に含めることができるのは魅力です。日本語コースは4年間同志社大学に留学し、日本語学習ととともに、社会実習やインターンシップによって実践性を養います。本学部は他の学部に比して卒業に必要な履修科目である必修科目および選択必修科目が占める割合が高く、バランスのとれたカリキュラムに沿って、段階的かつ着実に勉学に励めるのが本学部の特徴です。また、いずれのコースも各言語の検定試験等での数値目標ないしはレベル目標を提示しており、抽象的な目標だけでなく具体的な目標を掲げることができるのも本学部の特徴です。

第二の開国の時代を迎えた日本、グローバル化する世界、確かなコミュニケーション能力をもつ人物の育成を目指すグローバル・コミュニケーション学部はまさにそんな時代にふさわしい学部です。

グローバル・コミュニケーション学部長 南井 正廣
.