Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

GCで、日本を学ぶ。

日本語が上達しても、日本企業に就職しても
日本人とのコミュニケーションに壁を感じるという方は多くいます。
同志社大学グローバル・コミュニケーション学部(GC)は、
その壁を理論と実践で越えていくための場所。
日本の歴史・文化が息づく京都の地でともに学び、
高度なコミュニケーション力を身につけた「グローバル日本社会」の主役を目指しませんか。

カリキュラム

Curriculum

日本の「ことば」「文化」、
そして「社会」まで深く学ぶ

カリキュラム

実践的・実用的な日本語を学ぶ

実践的・実用的な日本語を学ぶ
  • 1年次で大学生・社会人に必要な運用能力の基礎を徹底的に習得します。
  • 2年次以降で、通訳翻訳・ビジネス等で求められるスキルを習得します。

日本語について深く学ぶ

日本語について深く学ぶ
  • 母語と日本語が客観的・多角的に観察できるようになり、通訳翻訳といった、母語と日本語が求められる高度で専門的な業務ができるようになります。
  • 自らの日本語でのコミュニケーションを絶えず観察できるようになり、卒業後も、より洗練されたコミュニケーションを目指すことができます。

日本の社会・文化について学ぶ

日本の社会・文化について学ぶ
  • 日本の社会システム、日本の現代文化・伝統文化の価値を、グローバルな視点からとらえられるようになります。
  • 日本社会の一員として生きていくために、多文化共生の観点から、多角的に考え、社会で遭遇する様々な問題に対処できる力が身につけられます。

日本社会への参画

日本社会への参画
  • 実社会での多様な人々との交流を通じ、日本社会の特徴や課題を深く理解できるようになります。
  • 社会を支える一員として、企業や地元の人々とともに行動できるようになります。

就職・進路

Career

日本国内就職率
(国内就職希望者のうち)
100%

日本国内就職希望者の100%が、日本国内での就職を実現しています。
(2017年3月日本語コース卒業生)

主な就職先

ローソン、ビックカメラ、大塚家具、日本新薬、日テレ アックスオン、P&Gプレステージ合同会社 など